塾にはいつから通う?

中学受験をすると、塾に通わせた方が良いと考える親御さんが多いでしょう。塾は個人塾でない限り「クラス」に分かれています。そのクラスは、レベルの低いクラスから、レベルの高いクラスまであります。レベルの低いクラスに入塾して、じわじわと上がっていけば良いと考える方も多いでしょう。ですが、指導塾に入るのなら、最初から「上のクラス」に入っていたほうが良いに決まっています。

その為には、小学6年生の時に指導塾へ入塾すると、教室に慣れる、生徒や講師に慣れるのに時間がかかりますし、やはり上位クラスから入るのは難しいでしょう。小学校4年生の時から入塾している生徒とは比べられてしまうかもしれません。授業に慣れているか慣れていないかだけで、入れるクラスも変わるので中学受験を考えた時期が早ければ早いほど、やはり上位クラスを目指して早めに塾に通っていたほうが良いでしょう。

上位クラスの塾は、授業時間が長いところもあります。また、上位クラスでは下位クラスで教えていない内容も授業で教えられます。中学受験で本気で合格を目指すのなら、上位クラスに入って学習したいと考える生徒が多いでしょう。「いつ入塾すれば良いのか」と考えた時に、答えは決まっています。ずばり、「早めに入るに越したことはない」のです。小学校2年生の時から塾に通い、中学受験対策をしている生徒もいます。後から入った生徒は、やはり経験的にも「遅れている」と言わざる終えません。