受験生の親ができる事

受験生に対して親が出来ることとは何でしょう?中学受験そのものを応援し、塾へ通わせてあげること、ただそれだけでしょうか。中学受験させるということは、高校卒業後の将来を決めるということでもあります。必然的に、中高一貫校を通じて大学進学を目指したり、高校卒業後に目指すところがあるのでしょう。大学進学をどの程度重視するかによって、親のサポート方法も異なります。進学塾のカリキュラムは、名門校にも通じるよう作られていますから、志望校や将来目指すものの兼ね合いによって、手探りで進めていかなえければいけない、それが中学受験なのです。

子供は大人よりも気が回ることもありますが、自分のことになると気が回りません。お腹がすいても、時間の経過を忘れて勉強してしまう。そんな子には軽食を持っていってあげるのは親の役目です。できない問題にもんもんと悩んでいるようなら、解答を見るように進めて、更に違う問題に挑戦するようアドバイスする。そして、わからないことは塾講師や先生に質問するよう伝える。「相談に乗る」ことも立派な親の役目です。

中学受験を控える子供の親御さんは、大切な役割を担っています。中でも、一番大切なことは「やる気を出させる」ことですから。甘やかせるのではありません。やる気を出させるのです。褒める、叱る、モチベーションをアップさせる、すべて親の役目です。受験生の親ができることは、数えきれないほどあります。今、あなたができることを考えて、子供たちにそっとサポートしてあげましょう。その努力は、合格という文字で恩返しされるはずです。