志望校と塾の兼ね合い

小学6年生になると、もう中学受験間近で追い込みにかかります。塾ではクラスが事細かに分けられ、それぞれ学習ペースを上げて取り組みます。そこで、大切なのは志望校との兼ね合いです。小学校6年生になると大抵はすでに志望校が決まっています。大手進学塾では「志望校別の対策コース」が組まれています。

名門校であれば塾の対策コースの流れに沿って学習していけば、基礎を固めて合格確率を高めることができますが、もし塾に志望校対策コースがない場合や、志望校対策コースに志望している学校がない場合などは、個別に対策を組む必要があります。

それこそ、入試にはない科目を勉強していては意味がありません。中学入試と言っても、学校によって出題される範囲や、科目は全く異なるのです。算数と言っても図形に重点を置いた問題が出る学校もあれば、簡単な分数問題でも超難問を出題する学校だってあります。それぞれ志望校との兼ね合いを考えて学習に取り組むには、まず志望校の過去問を解くことから始めましょう。過去問を解いてみると、これからどこを勉強すれば良いのか、自ずと見えてくるはずです。小学6年生といえば一番大切な時期です。最低でも小学校6年生の夏までには、一度志望校の過去問を解いてみましょう。