中学受験塾が決まったら

中学受験対策で、進学塾へ通うことが決まった。とはいっても安心していられません。「塾へ通えばなんとかなる」と思っていると痛い目を見ます。どの塾へ通おうとも、大切なのは家庭学習です。特に名門塾においては、塾で出された家庭学習の課題を、別の塾に通ってこなすというご家庭や、家庭教師を雇ってこなすというご家庭もあります。

共働きのご家庭や、兄弟が通塾しているご家庭など大変かもしれませんが、「家庭学習をないがしろにしている塾」に通っていては合格できません。家庭学習を大切にしているからこそ合格実績があるといっても、過言ではないのです。もし個別に講師に相談できるような環境があれば、都度家庭学習について相談してみましょう。現在の塾のカリキュラムを踏まえて、家庭ではどのような学習スタイルを持つべきか?

お子様の性格や、家庭でのご状況を踏まえて家庭学習を組み込みます。たとえば、小学校高学年でも兄弟が同じ部屋など、一人部屋がないと思うように集中できませんよね。また、自分の部屋よりもがやがやしたリビングのほうが勉強が捗るというお子様もいます。静かな場所が良いという子には、図書館や自習室通いを応援してあげます。そして、リビングでも集中できるという子にはそっと見守ってあげる。お子様が入塾した後には、そんなご家庭でのサポートが必要なのです。