志願校が決まったら

中学受験の志望校がある程度決まったら、第一にすべきは、オープンキャンパスへの参加と、塾講師との相談です。オープンキャンパスは、学校を実際に目で見て、雰囲気を感じてどのような学校なのか知る機会でもありますし、「この学校に通いたい」とお子様が強くやる気を見出だせるチャンスでもあります。オープンキャンパスはだいたい、夏前に開催されます。

次に、志望校の過去問で現在の学力と合格ラインとの差を比べてみます。そうすると、現在の学習ペースのままで合格できるかどうかの見直しができます。オープンキャンパスで、憧れてばかりではいけません。ちゃんと現実を見て、現在の学力とこれからのことを塾講師や室長と相談しましょう。

塾講師は、「これから志望校対策に向けた授業を増やすべき」「この科目に重点をおくべき」などのアドバイスをくれます。志望校が決まったら、子供も親御さんも大忙しです。親御さんは、入試日程や過去問の取り寄せ、応募用紙などを取り寄せておきます。志望校が決まった段階は、ようやく中学受験への道しるべが引かれた状態です。ここからスムーズに進んでいくには、順序良く、今しなければいけないことを1つずつこなしていきましょう。